美輪明宏~音楽会2008~を観た

hidejirow Posted in 日々いろいろ
0

dscn1584

江原さんからお花です



土曜日、朝から久々に陶芸教室へ。

交野にあって普段は教室などやっていないのだが、
陶芸市で作品をみた知り合いが、
教室をやってほしいと頼み込んだのを便乗して
私も3年ほど前から通いだしました。

っていっても先生も忙しく、1年ぶりぐらいの教室。
「これ○○さん(←私の名前)が作ったものだと思うんだけど…」
と先生がお皿を指差したのだが…覚えがない…

裏を見ると、確かに私のサイン。
どーも出来上がったのを見ると、こんなん作ったっけってのが多い。
焼き上がりまでは半年以上かかるし、忘れるっつーの。

作品作りというよりは、土を触りたくてやってる感じ。
パソコンの画面ばっかりみていると頭がアホーになるしな。
わたしの場合。

土のものを触っていると気持ちがいいのよ~
よいしょよいしょと土をこねていると集中力もつくし、
終わった後は頭がすっきりします☆

で、午後から、
美輪明宏~音楽会2008~
に行ってきました!シアタードラマシティです。

早くに梅田に着いたので、母と伯母さんとで
カフェ ラ ボエム 茶屋町へ。
ランチセットでスープ、ガーリックトースト、サラダと
蒸し鶏と青ネギの和風ソースのパスタと
ポルチーニ茸と本しめじのパルメジャンリゾットを頼んだ。
美味しかったけど、量が多かった~。1350円なり。

美輪さんの講演会には10年位前に行ったことはあるのだが
音楽会は初めて。
ちなみにその頃から頭は黄色でした。

舞台はたくさんの花と天井から流れる星の群の
オブジェでとってもきれいです。
美輪さんは黒い頭で淡いピンクのドレスでエレガントに登場。
第一声は「こんばんは、江原啓之です」でした(笑)

第一部は「朧月夜」など、昭和初期の歌や童謡がメイン。
うーん、知らない歌ばかりなんだけど、
お声と声量にただただ感激。

歌と歌の間には、その歌が流行った時代背景やご自分の体験談、
そして今の政治に対する嘆きなどユーモアを交えてトーク。
観客を飽きさせないサービスっぷりはさすがでございました。
あと優雅に「うんこ」を何度も連発していたような(笑)

で、ずっと生で聴きたかった「ヨイトマケの唄」。
泣けた泣けた。

お母さんが一生懸命働いている姿をみて
いじめられている子供ががんばろーって涙をぬぐう唄なんだけど
(↑すごいテキトーな説明)

母親に対する思いって、今も昔も変わらないと思う。
うちは父親があまり働かない人なので
母はずーと働きっぱなしだし、障害を持つ姉にかかりきりでもあった。
どーやら母的には私は放っておかれてたようなのだが、
私自身寂しい思いをしていたかというとそうでもない。
ヨイトマケの子供のように、母の働く姿を見て
母親とはなんたるかを学んでいたように思う。

第二部は、大人の時間ということでシャンソン。
黒レースのドレス姿で、とても色っぽくて素敵です。

やっぱり美輪さんはシャンソン!!
恋に胸弾む乙女から亭主に浮気された中年女、
女たちの情念、魂が乗り移ったかのように、
歌い上げる姿はすばらしい..。.:*・゜(´∀`)゜・*:.。.

特に印象的だったのが『老女優は去りゆく』。
美輪さんの作詞作曲で生涯を舞台に捧げたある女の物語ですが、
マレーネ・ディートリッヒがモデルだそう。
美しかった世紀の大女優が、老いさらばえた時の残酷さを目の当たりにし、
衝撃を受けたといいます。

女優を目指す少女時代から、年老い迎えた引退のとき。
「ハウルの動く城」の荒れ地の魔女そのままの声色で、
「今日は来てくれてありがとう…」そういいながら
腰を曲げておぼつかない足取りで舞台袖に消えていく様は
きっと美輪さんが見られたディートリッヒそのもの。

そして同じく美輪さん自身も72というお年、
(自称24歳らしいが、たまに500歳ともおっしゃる(-ω-))
それが重なって見えてしまって悲しくなりかけたのだが
とんでもなかった!!

袖に消えたと思った次の瞬間、
あの堂々とした出で立ちで再登場されたときは
拍手喝采!!!
もう、思いっきり拍手しちゃった!
でたーっっっ!って感じで(笑)

アンコールは、エデイット・ピアフの「愛の賛歌」。
舞台の背景は純白の孔雀、そのうち金にかわり、
金の紙ふぶきから頭上から舞い落ち、
その下で輝くばかりに愛の歌を唄う美輪さんは神々しくて
観音様のようで思わず母と拝んでしまいました(笑)

いや、良いものを観させていただきました(お腹いっぱい★)

大阪天満宮で流鏑馬神事

hidejirow Posted in 日々いろいろ
0

本殿で祝詞中。右側にいる人が掲げているのが的

本殿で祝詞中。右側にいる人が掲げているのが的



会社の近くに大阪天満宮がある。

24日の3時から秋大祭の一環として
流鏑馬神事があるというので、
社内全員でいそいそと見に行く。

もちろん留守電にして(どんな会社や)

だってせっかく近くで伝統的神事が行われてるんだもん!
二日前昼、天満宮周辺をぶらぶらと散策して
お知らせ掲示板が目についたんですもん!

見ろってことでしょ!↑鼻息荒し

 

場所取りせねばと、15分前に境内に入ったが、
人はまばらで関大馬術部のお馬さん二頭が出番待ち。
本殿前には高殿が設けられて紅白の御幣がひらひら。
あの高さから射るのか!?←ぜんぜん分かってない

この神事は室町期に既に行われていたらしい。

高殿の周りを三巡

高殿の周りを三巡



祝詞をあげる声が本殿の方で聞こえ、
神職の方が騎乗して高殿の周りを三巡。
表門を出て馬場清めに参道を一往復。
つぎに麻裃の陣笠を着た前駆者が騎乗し
高殿の周りを再び三巡。
で、そのまま表門を出て参道を速歩で
日の丸扇子を投げる。
その落ちた場所が的の位置になる。

沿道はかなりの人。
的の反対側でシャッターチャンスをうかがう。
「馬がすべるかもしれないので気をつけてください!」と
案内の声。

すべる??

と思っていたら、なるほど馬は普通、土を蹴るんだもんね。
アスファルトの道路だから滑りやすいんだよ、と
地域のボランティアさんが教えてくれた。

さて、室町時代の狩装束を着た本駆者が騎乗して
表門の前で一時停止。
そして勢いつけて駆け出した!と思ったら
正方形の薄い木でできた的を半弓にて打ち破ったのである!



狩装束を着た本駆者が的めがけて走る!

狩装束を着た本駆者が的めがけて走る!



すっげー!!!(゜∀゜)

ぱからっぱからっと馬の駆ける音!
かっこいい~!!!ヾ(≧∇≦)と思っていたら
割られた木に向かって
一斉に沿道から人があふれ出てきたΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)ェェ,,

 

なんでもその木をもらうと厄除けになるらしい。
ボランティアの方も割れた木を細かく裂いて配っている。

いやはや、なんともご利益をもらおうと
あさましいばかりに向かう人の群れ!!

そしてご多分にもれず、私ももらいにゆく(笑)

タンスに入れておくと、良いことがあるそーだ。
うきうきと木を持って帰社したのであった。 

いやはや楽しいひと時でした♪←仕事しろよ

通勤に新しい車両を使ってみる。

hidejirow Posted in 日々いろいろ
0

いつもの通勤。
京阪の新しい濃紺ボディ車両が来たので、おっ!と思って乗った。

座ってみる。

むきゃーっ!!座り心地抜群!!!
今までいろんな電車に乗ってきたけど、ナンバーワンですよ!
ふわあっと包み込むようにお尻がフィットして、
気持ちいい~!!

こりゃ寝てまうワ☆:*・゜(●´∀`●)ホェ:*・゜

なんだか朝から幸せ~と思っていたら、
次の駅のアナウンスの前に妙なお知らせ音楽が流れる。
次いで日本語、英語と録音テープのアナウンスが流れる。

うるさいよ( -“-)枚方から寝屋川までって結構、駅から駅まで短いから
ひっきりなしに音声が流れてる感じ。

駅員さんの妙~なイントネーションの関西弁で
「次わぁ~…」で十分なのに。

でもこの座席にはまた座ってみたい私なのでした。

京阪中之島線、開通!

hidejirow Posted in 日々いろいろ
0

人の間に入り込んで撮った

人の間に入り込んで撮った



今日、京阪電車中之島線が開業した。
水都大阪の中心、川の真ん中にある島の地下に
電車が通ったのです!!!
ヽ(・ω・´)ノワーイ♪ヽ( `・ω・)ノワーイ♪

「一万人の第九」の歌練習後のついでに、
野次馬根性丸出しで
京阪天満橋駅から中之島駅までGO!

天満橋駅のホームはいつもより人があふれていて
特に一番前が大混み。
ボディが緑色か暖色系だった京阪にしては
画期的な( ? (笑)) 濃紺ボディ!!
キタ━━Ψ(゜∀゜ )( ゜∀゜)Ψ キヨッタ━━!

かっこええ~!!:*:・。,☆゜’・:*:・。,
皆一斉にカメラや携帯でぱしゃぱしゃ凄いフラッシュ!
すげ~これが鉄っちゃんって呼ばれてる人たち?

つられて私も撮る(笑)
座席のシートも濃紺色、つり革も紺色。きれーだなあ。
あと、ロングシートがスエード調で手触りがすごくいい!

駅は「なにわ橋」「大江橋」「渡辺橋」と全部「橋」がついている。
各駅のホームがきれいだなんだとわーわー騒いでいたら
中之島駅に到着。

すごーい!「木の駅」だ!!ホームの壁が総木貼りで、明るく、地下特有の圧迫感もない。
火災とか大丈夫なの?
と思っていたら、なんと不燃木なんだそーだ。

地上にでるとそこはリーガロイヤルホテル。
ホテル内のたっっかいコーヒー飲みながら、
川と堂島の街並みを眺め、ちょっと贅沢な時間を過ごした。

中之島駅から出町柳までは65分で着くそーだ。
ダイヤも変わり、枚方・樟葉にも快速が停まるようになったので、
ちょっとは帰り時間も短縮かな?
便利になって嬉しい限りの「私もおけいはん」なのであった。

ついでに書いちゃうが、中之島駅をICOCAで入り、
淀屋橋から地元までは定期があるので、
清算機に2枚のカードを入れようとしたが、
どーしても入らない。
駅員さんに言ったら結局現金払いになった(210円)
なんだそりゃ。

まだまだよな、京阪。←何様