【webデザイン】使えるアイコン〜Iconfinder〜

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

企業やお店のサイトを作る仕事を主としています。

fotoliaなどの写真素材屋さんを利用して、イメージ画像を作ることが多いのですが、
最近、必死になって探すのが「アイコン」。

テキストの横にアイキャッチ的なアイコンがあると、サイトに訪れた人も分かりやすくて
デザイン性も高くなります。

illustraterで、必死こいてベクター形式で制作してもいいのですが、
そんなもん、せこせこ作っている時間もない。
かといってデザイナーにオリジナルで頼むと、1点5000円以上します

ということでクオリティが高く、使えるアイコンサイトを探し、見つけました

アイコン検索サービス「Iconfinder 」!



検索窓にキーワード、例えば「mail」と入力してみましょう。



たくさん出てきますが、「allowed for commercial use」フィルタを適用すると、
商用利用可能なアイコンを絞り込むことができます。

ぜひお試しあれ

【遊べるサイト】どんな写真でも、幕末古写真に♪

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

暇つぶしに遊べるサイト発見→「幕末古写真ジェネレーター

手持ちの写真をアップロードすれば、どんな写真でも江戸時代〜明治時代にかけて
撮影されたような幕末の古写真風に変換する、というサイトです。

「どんなおしゃれな写真も、古臭くしてみせます」
て、フレーズが面白くないですか

たとえば、枚方のあるカフェの写真ですが・・・↓



幕末古写真ジェネレーターをかけると・・・↓



ちょっとオモロい

かわいい写真も・・・↓



みなさんも色々遊んでみて下さい

【お仕事メモ】aguse.jp 〜サイトを調べる〜

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

・・・すぐ忘れるので、ブログに書いとこ。という魂胆。

あやしいサイトや知らないサイトを訪れる前に、URLを入力するだけでサイト背景情報を調査したり、
迷惑メールの送付経路を表示したりすることが出来るサイトが、
aguseです。



対象サイトのコンテンツデータが置いてあるサーバーのIPアドレスが表示されます。
サーバー会社は、データセンターがどこにあるか隠そうとしますが、
まるわかりですね。




サーバーはハッスルサーバーと契約していますが、管理者情報はさくらインターネットになっていますね(^^;)

会社で癒しグッズ

hidejirow Posted in デザインと仕事, 日々いろいろ
0

仕事ばっかりしてるとアホになるので、癒しが必要です。

私のパソコンの周りにはそんな癒しグッズがいっぱいです。



WTCで友達に無理矢理買わされたネコグッズ。

何に使うのか?



寝るためです。



木の手触りが優しい「ぽれぽれ」動物たち。



たまにしゃべらせます。



ファンブックかなんかに入ってたシール。

貼るところがないのでデータホルダーに挟んでいたら

隣の社長が「何それ」聞いてきたので

「目の保養。」と答えたら

「セクハラや」と言われた。

・・・・・ 失礼なっっ! ∑( ̄皿 ̄; ムッキー!!

会社を作って1年経った

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

ちょうど1年前、勤めていた会社からクビを宣告されて(詳しくは→会社を解雇された
わぁわぁ言いながら新しい会社でも作ってみっか、といろんな方々からご協力を賜って
10月1日に登記して、1年が経った。

おかげさまで順調良くお客様も増え、喜びの声をいただいたりして嬉しい限り♪
決算も黒字で迎えられて、まあよかったよかった!
あーでも、なんでこんなに国に税金払わなきゃいけないの!って感じだけど(-_-;)

で、今日10月1日。
花屋さんから大きな胡蝶蘭が届いた。
なんだろ?と思ってネームプレートを見たら・・・
でっかく母と叔母の名前がどーん!!!(笑)

サプライズでした。
本人たちは1年目の記念日だってことすっかり忘れていたのに!
吃驚して、「えーっ? えーっ?」といいながら後ずさっていたら
花屋の店員さんが「お母様がお祝いだからと一番大きな胡蝶蘭を、とおっしゃてましたよ」なんて言ってくれるものだから、大泣きしてしまった。

そうか、ずーと心配してくれてたんだなー
二人して気にかけてくれたんだなー
1年を無事乗り切ったことを、喜んで祝ってくれたんだなー
私はずっと、人が涙するのは悔しいからだと思っていたけれど、
嬉しくて、涙が止まらないこともあるんだなー

お母さん、ねこのおばちゃん、ありがとうね。











会社を設立する(3)~子会社と出資会社~

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

資本金が300万程度の会社に、資本金一億の会社が出資したいという。
つまり子会社になれということだろうか?

子会社になると財務や事業方針を自由にできない。
それはやっぱり違う、と生意気にも思う。

そして二度目、布袋さん似の本部長様より、電話。

やっぱり社長が出資したいとおっしゃってるという。
おまけに経営には口ださない、とまで。

ええ社長さまやなあ~☆:*・゜(●´∀`●)

一代で会社を大きくしたスゴい方(しかも40代前半)なのだが、
育ちがよさそうな、なんとゆーか、偉そうな感じじゃない。
かなりのこだわり派なので、
周りにいる人たちは大変そうなんだけど(。・w・。 ) ププッ
社内の雰囲気もよく、社員の皆さんに好かれている感じ。

で、緊急社内会議(ウィークリーマンション6帖一間)。

「二度は断れないねー」
「そうですねー」
「それじゃ合同会社は無理だね」

「株式会社にしないと」

…話がでかくなってきた。

いろいろ話し合った末、
過半数株式を所有すると子会社になるので、
代表が50%以上の株を所有し、監査役および私と営業の女性が40%、
残りの10%未満を保有していただき
出資会社として協力をおねがいすることになった。

たかだか3人の、吹けば飛ぶような弱小会社の私たちに
手を貸そうとしてくれるのは、
今まで私たちがやってきた仕事への評価で、
何かこいつらやらかしそうだ、という期待値なのよね?

その気持ちを裏切らないようにがんばらないとなあ。

そして社長となったkさん、この出資話は想定内だったそうだ。

恐るべし。

そして知り合いの司法書士さんに登記申請をお願いし、
9月設立に向けて動き始めた。

会社を設立する(2)~出資の話~

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

WEB担当Kさんのご友人、Tさん。

生産者の顔が見える安全で美味しいお米を扱っている米問屋さんで
日本米穀小売商業組合連合会の認定制度「 お米マイスター五ツ星 」を
取得されている職人肌のすごく面白い方。
↑全国で220人(平成17年10月末日現在)しかいないそー。

そんなTさんが、うちの会社の監査役を引き受けてくださることになった。
ありがたやありがたやヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

ほんとに会社としてやっていけるのか、不安ながらも、
協力してくださる会社さんやKさんのご友人の方々、
今まで通りお付き合いしていただけると
おっしゃってくださったほとんどのお客様に感謝感謝。

私はなあんもしてないけどヾ(。・ω・)ノ☆てへ

さて合同会社にすっか、どうすっかの時に、
ある会社の本部長さまより電話が入る。

kさんと、布袋さんのように素敵なこの本部長さま、
以前勤めていた某会社からのお付き合いだそうで。

ほうほう、なにやら先方の社長様が
うちに出資したい、とおっしゃってると。

…。細々と、自分らの食える分だけでいいかと話してたのに!
(まあ、全然そんなこと思ってないけど(笑))

資本金一億の会社様が、出資して下さると!

 

とりあえず、丁重にお断りする。とてもとても。
そんな大きな会社様とのおつきあいはきっと大変。
有難い申し出でしたが、丁重にお断りした。

 

でも事態は急変する。

(続)

会社を設立する(1)~ウィークリーマンションでお仕事~

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

20日、いろいろあったが、
社長にお礼を言って会社を出た。

社長は目を赤くして「がんばってくださいね」と言った。

悪い人ではないのだ。
ただ、行く道が分かれただけだ。

それに出て行く人より、残されたほうが、きっと辛い。

どうしようもないことは考えても始まらない。
それより、新しい会社のこと!
すぐにパソコンが使える環境に移らなければ。

ということで大阪扇町周辺のウィークリーマンションに移動。
これが、悲劇の始まりであった(-ω-;)

ウィークリーマンションって初めて入ったけど、
六畳一間のフローリングにベッドとテレビとクローゼット、
小さなキッチンには皿やフォークやスプーン、なべ、ヤカンなど
一式揃っている。電子レンジもある。
あと風呂場とトイレは別々。

泊まるには、いいよな。


でもここに集うのは、三人の人間とパソコン三台と
その周辺機器と書類と引越しで出てきたモノの山。

はうぅ~…微妙( 。-ω-)-ω-)-ω-) シーン・・・

とりあえず、ベッドを壁に立てかけ、マットの上にパソコンを置いて
フローリングに座って作業。

腰が痛え。

一日でめげる。

座って立つと腰が曲がったままで、なかなか元に戻せない。
もともと腰は悪いのだが、更に痛めてしまった。

三日後、見かねたWEB担当のkさんがテーブルを用意してくださった。
ありがとうございます(助)

仕事は順調で協力会社さんに手伝っていただきながら、
なんとか納品をこなしていった。

電話もスカイプを使えば、問題なしΣd(゜∀゜)ィヵ酢!!
こちらの声は聞き取りにくいようだが、チャットもできるし
テレビ電話も可能だ。しかも無料。
いい時代になったねぇ…(しみじみ)

さあ、問題は会社をつくるが、具体的にどうするかということ。
WEB会社では、資本金300万円程度で合同会社というのが意外に多い。
2006年の会社法施行に伴って有限会社法が廃止されたので、
有限会社って、もう設立できないんだな~。

そしてあるお米問屋さんが、助けてくれることになった。

(続)

会社を解雇された(3)~会社を出る~

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

盆休み直前に解雇を言い渡されてからは、
15日を除いて土・日も出勤し続けた。

社長はたまらんと思ったのか、
助っ人の税理士を呼んだ。

税理士は持っていくデータのリストを書き出せという。
念書にサインする。

はー。
特に持っていきたいデータなんかないんだけどな。

それよりもとにかく嫌だったのは
私たちが何か持って帰るんじゃないか、
なにかしでかすんじゃないかという猜疑心で
日を追うごとに社長の言動、行動がおかしくなっていった事。

営業の女性の横に立ち、
「あなたは帰ってください!来ないでください!」
と大声でパワハラする。
社長の言い分は、引継ぎはWEB事業だけなので、
制作の私とWEB担当が出勤するのはわかるが、
営業の引継ぎは3営業日で十分だから
あなたは盆休み中出てくるなというのだ。

でもこんな状況で、ゆっくり休んでいられるだろうか?

こーゆーのが一番疲れる。

何年も、共に、同じ方向を向いて仕事をしてきたはずなのに。
いつの間にか、社長と私たちはまったく違う方向を見ていたのだ。

もう一緒に仕事はできない。
お互い疲れるだけだ。

こうして8月20日、親しんだ堺筋本町を出た。

一年前、事務所探しでビルを見に来た。
古いビルで、ここはあり得ないなと思っていたが、
案内されたフロアに足を踏み入れた瞬間
「まあ!まあ!まあ!」と感嘆の声をあげたほど、いい部屋だった。

燦々と光が入り、まるで未来にすばらしいものが待っているかのように
輝いてみえたのだ。
その部屋が良いか悪いかは、入った瞬間にわかる。
こーゆー直感は、かなり信じている方。
まさか一年で去ることになるとは思っても見なかったけど彡(-ω-;)彡

でもきっと、わたしにとっては次の準備のためのステップで
幸せでラッキーな場所だったのだ!
(↑超ポジティブシンキング(笑))

そんな手放したくないほど、気に入っていた事務所だったけれど、

何かを得るには、何かを手放さないとね(*´∀`)b゜

21日以降も仕事はつづく。
納品を待っている会社もある。

とりあえず、ウィークリーマンションで仕事を始めることになった。

会社を解雇された(2)~自分のするべきこと~

hidejirow Posted in デザインと仕事
0

クビにはなったが、WEB事業は引き継がれることになった。

クライアント様が、会社が変わってもメンテナンスや制作を任せたい、
と言って下されば、解雇の20日以降も仕事は発生する。

解雇の日まで実質3営業日しかない。
その期間はクライアント様への連絡に終始するだろう。

その前に納品すべき原稿を仕上げ、身の回りの整理、
引越し&引継ぎ作業、必要な仕事のデータバックアップ、
21日以降のネット環境のある仕事場の確保、
必要なパソコン等機器類の買出し、新会社を作るために必要な諸々。

とにかく時間がない、そう思って
盆休み初日、クビ組、全員出勤。

会社に着いたら、社長がいた。

驚いていた。

何故?(笑)

休むと思っていたらしい。

どんな思考回路持ってたら、そんな発想が出るんだ。

3営業日で全てできると思ってたの?
そんな、お気軽な仕事は、していないつもり。
私は7年、営業の女性は11年勤めてたんだもの。

どんだけ能天気なんか~い(髭男爵風)

ああ、この人は何も解ってはいない。
しみじみそう思った。

放っとこ。

さあ、私が一番にすることはなんだ。
気持ち的にはファイルの整理がしたかった。
今まで製作してきたもの、いるものいらないものを分けて
そのほとんどを捨ててしまいたかった。

でもクライアント様には絶対に迷惑はかけられない。
こんないい加減な会社と契約しただけでも迷惑なのに、
デザインができなくて遅れても
ゴタゴタで納品が遅れるなんかとんでもない。
(ん?(笑))

で、自分なりに順位↓

1.納品すべき原稿
2.新会社準備
3.身の回りの整理
4.引継ぎ

じゃ、と20日に納品予定の原稿に取り掛かっていると
社長がトコトコと私のMACの横に来て
「○○会社のホームページは僕の嫁がやるから、
やり方教えてくれる?」

……。

悪いけど、最後。

「あ、最終日に誘導しますネ」とにっこり。

社長、スゴスゴと引き下がる。

3人とも黙々と自分のすべき作業をすすめている。
社長は所在なげに私らの作業をじーっと見たり、
外へ電話しに行ったり、うろうろうろうろ。

WEBのすべてを管理するKさんが
「何か持って帰ったりしないか、監視してるね」
と言った。

…そうなん?

あー疲れる(脱力)

仕事しろよ仕事~。

ほんと、どーでもええ。

仕事させて。

(続)