【映画】アリス・イン・ワンダーランド

hidejirow Post in 映画とハマりもん
0

ずいぶん前に友人からジョニーの最新作は「アリス・イン・ワンダーランド」とタイトルを聞いて、
お互い爆笑だったのですが(内輪ウケです)、
やっと先週見に行ってきました♪

初めての3D映画。2,000円取られてびっくらこいたわ!
実際メガネかけてみたら、ずっしり重くて鼻が痛い(低いからしょーがない)
思わずマスクして、その上にメガネを載せてみたり、と超怪しい人になってました。

いっちばん最初にディズニーのロゴが浮かんできたのが、一番感動しましたw
ミニチュアが動いているのをみているような不思議な感覚でした。

これからどんどん増えるだろうけど、作品によってはOKな感じですね。
ハリー・ポッターの次回作も3D!というから、それはそれで楽しめるな。

さて、ティム・バートン監督と大好きなジョニー・デップの映画

うきうきしながら映画が始まって5分経過・・・そして初めて気づいた・・・・
吹き替えやん!
失敗した・・・どうりで小学生が多い訳だ(五月蝿い)・・・ジョニーの声も好きなのに・・・

さて内容ですが、基本の物語は童話「アリス」なので、奇妙なキャラクターや世界観は言わずもがな。

現在ワンダーランドには、赤の女王と白い女王がいて、二人は姉妹で仲違いをしている。
この赤の女王さま、「打ち首じゃーっ」が口癖の我が儘で横暴な統治者なんだけど、
頭が大きいのがコンプレックスで(どうやらそのせいで両親から疎んじられてきたらしい)、
愛が足りない淋しい女の子って感じで、憎めないキャラ。

で、反対に女神のように美しい、全身真っ白の善き人〈白の女王〉なんですが・・
この人、仕草が変っ!
いちいち両肘を上げてポーズをとるんだけど、自覚型天然美人つーか、
「私は皆から愛されてます」的オーラ出しまくり! 嫌味じゃないけど、この人怖いですよ。
あげくの果てに自分の手を汚さずに、アリスを騎士に仕立ててドラゴンと闘わせて殺させ、
姉である赤の女王を島流しにするという

善悪二元論なディズニー映画にしては、このへんが面白かったです。

精神的にヤバイ感じのマッドハッター=ジョニーが素敵でした
喋るとすぐヒートアップしてアリスに嗜められて、「はっ」と我に帰るとことかめちゃ可愛い
でも、もっと頭がおかしいのかと思ってたけどw

まあ、こんなもんでしょ、な感想で星3つかな

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


Spam Protection by WP-SpamFree