会社を解雇された(2)~自分のするべきこと~

hidejirow Post in デザインと仕事
0

クビにはなったが、WEB事業は引き継がれることになった。

クライアント様が、会社が変わってもメンテナンスや制作を任せたい、
と言って下されば、解雇の20日以降も仕事は発生する。

解雇の日まで実質3営業日しかない。
その期間はクライアント様への連絡に終始するだろう。

その前に納品すべき原稿を仕上げ、身の回りの整理、
引越し&引継ぎ作業、必要な仕事のデータバックアップ、
21日以降のネット環境のある仕事場の確保、
必要なパソコン等機器類の買出し、新会社を作るために必要な諸々。

とにかく時間がない、そう思って
盆休み初日、クビ組、全員出勤。

会社に着いたら、社長がいた。

驚いていた。

何故?(笑)

休むと思っていたらしい。

どんな思考回路持ってたら、そんな発想が出るんだ。

3営業日で全てできると思ってたの?
そんな、お気軽な仕事は、していないつもり。
私は7年、営業の女性は11年勤めてたんだもの。

どんだけ能天気なんか~い(髭男爵風)

ああ、この人は何も解ってはいない。
しみじみそう思った。

放っとこ。

さあ、私が一番にすることはなんだ。
気持ち的にはファイルの整理がしたかった。
今まで製作してきたもの、いるものいらないものを分けて
そのほとんどを捨ててしまいたかった。

でもクライアント様には絶対に迷惑はかけられない。
こんないい加減な会社と契約しただけでも迷惑なのに、
デザインができなくて遅れても
ゴタゴタで納品が遅れるなんかとんでもない。
(ん?(笑))

で、自分なりに順位↓

1.納品すべき原稿
2.新会社準備
3.身の回りの整理
4.引継ぎ

じゃ、と20日に納品予定の原稿に取り掛かっていると
社長がトコトコと私のMACの横に来て
「○○会社のホームページは僕の嫁がやるから、
やり方教えてくれる?」

……。

悪いけど、最後。

「あ、最終日に誘導しますネ」とにっこり。

社長、スゴスゴと引き下がる。

3人とも黙々と自分のすべき作業をすすめている。
社長は所在なげに私らの作業をじーっと見たり、
外へ電話しに行ったり、うろうろうろうろ。

WEBのすべてを管理するKさんが
「何か持って帰ったりしないか、監視してるね」
と言った。

…そうなん?

あー疲れる(脱力)

仕事しろよ仕事~。

ほんと、どーでもええ。

仕事させて。

(続)

« Prev: :Next »

Leave a Reply

CAPTCHA


Spam Protection by WP-SpamFree